コエンザイムQ10とビタミンE

前へ
次へ

コエンザイムQ10と関わりの深いビタミンE

コエンザイムQ10には私たちの身体を酸化から守り、老化の進行を抑えてくれる働き「抗酸化作用」があることで知られています。ビタミンEも同じように抗酸化作用を発揮する成分として有名ですが、単独で働くには少々心許なさがあるのです。徐々に迫りくる老化に抵抗するには、強力で心強い抗酸化力に頼りたいものです。コエンザイムQ10は、ビタミンEの抗酸化作用を最大限に発揮させてくれます。それはどんな方法なのか、ビタミンEの効果をとともにみていきましょう。

ビタミンEの効果・効能

ビタミンEには主に抗酸化作用が期待されますが、他にも健康維持や体の機能向上のために必要な効果があります。

抗酸化作用

コエンザイムQ10と同じくビタミンEにも抗酸化作用があります。生活習慣やストレス、紫外線などの影響で体内に発生した「活性酸素」は、身体の中の細胞を酸化させてしまいます。酸化とは皮を剥いたりんごが変色したり、鉄が酸化するのと同じで、細胞が酸化することで身体が錆びついた状態です。老化とは酸化した状態のことで、原因となる活性酸素を取り除く働きが「抗酸化作用」です。

血流改善

末梢血管を拡張して血行を良くする効果があります。血液の流れが改善されることで、頭痛や肩こり、冷え症などの症状が改善されます。また毛細血管の血流改善は酸素や栄養素の運搬、老廃物の排出をスムーズにして新陳代謝を高めてくれます。

生殖機能向上

ホルモンバランスや自律神経を整えたり、生体機能を調整する働きがあります。生殖機能の改善が期待でき、妊娠のために重要なホルモンの分泌を促したり、生理不順を改善する効果もあります。

コエンザイムQ10がビタミンEをサポート

ビタミンEには非常に高い抗酸化力があり、ビタミンEだけでも体内に発生した活性酸素の除去に効果的に働きます。ところが発生する活性酸素の量は一定ではなく、加齢や生活習慣によって増加していきます。
するとビタミンEの抗酸化作用だけでは活性酸素を除去しきれなくなり、身体の酸化はどんどん進んでいってしまうのです。

このとき、コエンザイムQ10がビタミンEと同時に存在していることで、相乗効果を生み出します。

コエンザイムQ10とビタミンEの2つの抗酸化作用

コエンザイムQ10はビタミンEと相性の良い成分で、身体の中に同時に存在することで非常に高い抗酸化作用を発揮します。

ビタミンEは活性酸素をすばやく取り除くことができる抗酸化作用に優れた成分なのですが、非常に酸化しやすい性質を持っています。ビタミンEは活性酸素を除去すると自らも活性酸素と結びついてしまい、酸化して抗酸化力を持たない性質へと変化してしまいます。
この酸化してしまったビタミンEの性質を元に戻し、再び高い抗酸化力を蘇らせるのが、コエンザイムQ10なのです。

コエンザイムQ10自体にも高い抗酸化作用があり、活性酸素を強力に取り除きます。そこへさらにビタミンEを再生さることで抗酸化作用は2重に働き、強力に活性酸素を除去して身体を酸化から守ってくれるのです。このコエンザイムQ10の特徴でもあるビタミンEを再生させる働きは、老化への抵抗に欠かせない働きといえるでしょう。

ですが、ビタミンEを再生できる力はコエンザイムQ10の減少とともに低下してしまいます。コエンザイムQ10は20代までは体内に充分存在していますが、その量は40代から大きく減少していってしまいます。高い抗酸化作用によって美容・健康を維持していくために、不足していくコエンザイムQ10をサプリメントで補っていきましょう。

ページのトップへ戻る