コエンザイムQ10はいびきに効く?

前へ
次へ

コエンザイムQ10といびきの関係

美容やダイエット効果に注目されているコエンザイムQ10ですが、健康への効果も高く「いびき」の改善にも有効です。いびきをかいているとぐっすり寝ているように思えますが、実は運動をしているのと同じくらい体力を消耗しているのです。疲れをとるための睡眠で疲労を溜めていては、睡眠の質はどんどん低下していってしまいます。快眠と翌朝の気持ち良い目覚めを取り戻すためには、コエンザイムQ10でいびきの根本から改善していく必要があります。ではコエンザイムQ10がいびきとどんな関係があるのか、まずはいびきの原因をみていきましょう。

いびきの原因

いびきは喉の「上気道」という空気の通り道が狭くなることが原因です。 空気は狭い場所を通ろうとするとき空気抵抗が大きくなりますが、呼吸も同じく狭くなった喉を通るときに空気抵抗が大きくなります。すると空気が喉の粘膜を振動させ、音が出ます。これが「いびき」です。

いびきをかきやすくする姿勢は仰向けです。仰向けの状態になると、軟口蓋という上あごの奥部分や舌の付け根部分が落ち込んでしまい、上気道が狭くなってしまいます。
上気道は喉周りよって支えられているので、本来であれば仰向けでも空気はスムーズに通ることができます。ところが喉周りの筋肉が低下すると支える力が弱まり、上気道が狭くなることで空気の通りが悪くなってしまうのです。つまりいびきは、この喉周りの筋肉が低下して上気道が狭められることが原因で発生します。

いびきはどんな人がかきやすい?

いびきの多くの原因となる喉周りの筋肉の緩みは、様々な要因で引き起こされます。コエンザイムQ10のいびき改善効果は、以下の方たちにも高い効果を発揮します。

肥満気味の方

いびきの原因は喉周りの筋肉の緩みだけではありません。肥満になると首、喉周り、舌に脂肪がついてしまうことで上気道を狭くなり、いびきの原因になります。

中高年の方

中高年に差し掛かると、加齢によって筋力が低下傾向にあります。そのため喉の筋力も衰えて気道を広く保ちにくくなり、いびきをかきやすくなります。

疲れを溜め込んでいる方

身体が疲れているときは、脳が多くの酸素を必要とします。いびきは口を開けているときにかきやすく、疲れているときは酸素を多く取り込むために口を大きく開けて呼吸をします。すると軟口蓋が激しく振動して、いびきをかいてしまうのです。

お酒をよく飲む方

お酒を飲んで酔っ払うと、筋肉を緩めた状態になります。いびきの原因となる上気道は鼻から喉にかけて繋がっていて、酔っ払うと筋肉が緩み、喉周りの筋肉も緩んで垂れ下がってしまいます。すると、上気道は狭くなってしまい、いびきをかいてしまうのです。

タバコを吸う方

タバコを吸っている方もいびきをかきやすくなります。日常的にタバコを吸っていると気管や喉が炎症した状態になり、上気道が狭められていびきの原因になります。

いびきに効果的なコエンザイムQ10

いびきをかきやすい人の特徴として多くみられるのは、肥満や飲酒などの影響です。生活習慣の積み重ねによって喉周りに悪影響を与えたり、筋力が低下したりしていくことが「いびき」の原因になります。

コエンザイムQ10は「エネルギー生産」と「抗酸化作用」の2つの働きによって、快眠を妨げるいびきの原因を取り除き心地良い睡眠へと導いてくれます。また誰しも避けられない加齢による喉周りの筋肉量の低下にも、コエンザイムQ10は効率よく作用していびきを解消してくれるのです。

コエンザイムQ10でいびきを改善

コエンザイムQ10がいびきの改善に効果的な理由は「喉周りの筋肉を強化」してくれる効果にあります。生活習慣や加齢によって喉周りの筋肉は低下してしまいますが、その大元の原因となるのが「活性酸素」の影響です。

活性酸素は、生活習慣などの影響で私たちの体内で発生します。そして細胞内にあるミトコンドリアという器官を酸化させて、錆びつかせてしまう働きがあるのです。ミトコンドリアは身体を動かすためのエネルギーを作り出す器官で、身体全体の90%以上のエネルギーを作り出している重要な器官です。ところが、活性酸素によって錆びついてしまうとエネルギー生産量が低下してしまい、脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。これはエネルギー生産作用が身体の基礎代謝を高める働きに関わっているためで、基礎代謝が落ち込むことで脂肪が燃焼されにくくなってしまうことが原因です。

基礎代謝が低下する原因に筋肉量の低下が影響しています。つまりエネルギー生産量が低下すると筋肉量が落ち、脂肪を溜め込んでしまいやすくなってしまうのです。その結果として、喉周りの筋肉量が落ちたり脂肪がついたりすることで「いびき」を発生させることに繋がります。

いびき解消には、大元の原因である活性酸素を取り除く必要があります。この活性酸素を除去してくれる働きが、コエンザイムQ10の「抗酸化作用」なのです。コエンザイムQ10によって活性酸素が除去されると細胞は活性化されて、ミトコンドリアの生産力も向上します。すると脂肪を効率よく燃焼することができ、筋肉量アップにも強力に働きかけてくれます。この効果によって、軟口蓋や舌の落ち込みを防ぎ上気道の通りをスムーズにして、いびきを解消してくれるのです。

臨床試験で実証された「いびき改善効果」

コエンザイムQ10のいびき改善の効果はよく知られていて、いびき対策サプリメントの多くにコエンザイムQ10が含まれています。また、睡眠時無呼吸症候群の改善にも効果があるという研究結果があります。

太田綜合病院睡眠センターを始めとする『いびきを測定する研究班』が睡眠時無呼吸症候群患者を対象にした、いびきに関する研究を行っています。睡眠時無呼吸症候群患者12人にコエンザイムQ10を1週間連続で服用してもらい、いびきの大きさを測定したところ約半数の方のいびきが減少しました。睡眠の深さによっていびきの大きさも変わりますが、睡眠の深さの程度に関わらず全員のいびきの大きさが減少しています。この結果からコエンザイムQ10の効果によって喉が広がり、スムーズに呼吸が行えるようになったことがわかりました。

いびき解消のためには、体内のコエンザイムQ10量の維持が重要です。ですがコエンザイムQ10は20代をピークに、40代からは急激に減少していきます。長引くいびきで睡眠の質を低下させないように、サプリメントでコエンザイムQ10を補っていきましょう。

ページのトップへ戻る