還元型コエンザイムQ10のメリット

前へ
次へ

還元型コエンザイムQ10のメリットとは?

コエンザイムQ10は元々私たちの細胞の中に存在していて、健康維持や疲労回復効果をもたらしてくれる成分です。体内で毎日作られていますが20代をピークに徐々に減っていき、40代からは急激に減少します。コエンザイムQ10の生産量が減少するとエネルギーが不足して活力が低下したり、抗酸化能力が落ちて病気や怪我の回復力が低下してしまいます。つまり、気力・体力ともに老化してしまうのです。

コエンザイムQ10は年齢を重ねるにつれ誰でも不足してしまうものですので、サプリメントなどでコエンザイムQ10を補う必要があります。中でも還元型コエンザイムQ10は、効率よく効果を実感できるメリットがあります。

還元型コエンザイムQ10が持つメリット

コエンザイムQ10は還元型と酸化型があり、酸化していない状態のコエンザイムQ10が還元型です。このコエンザイムQ10は2つの役割を持っています。
食事から摂取した栄養素は細胞内に取り込まれ、エネルギーへと変換されます。この変換作用を可能にするのがコエンザイムQ10の働きの1つ、補酵素としての役割です。
もう1つは、抗酸化作用によって老化の原因となる活性酸素を除去してくれる役割があります。
この二つの働きがコエンザイムQ10に期待できますが、効率よく働かせるには還元型のコエンザイムQ10である必要があるのです。

酸化型は体内で作られているコエンザイムQ10とは形が異なります。
そのため、酸化型が効果を発揮するには体内で一度還元型へ変換される必要があるのです。代謝が活発に行われていれば酸化型コエンザイムQ10をうまく補酵素として活用できるのですが、変換する力は年齢が上がるとともに低下していきます。また、日々のストレスによっても低下してしまいます。
すると酸化型をうまく変換できなくなり、活性酸素を除去する力が弱まってしまうのです。

還元型は体内に存在するコエンザイムQ10と同じ形ですので、変換することなくそのまま体内へ吸収されていきます。そのため酸化型に比べ早く作用し、効率よくエネルギー代謝や抗酸化能力を発揮してくれます。還元型コエンザイムQ10はその吸収率の良さから、20代30代の方はもちろん、年代を問わず生活習慣病の予防にも効果が期待できるのです。

私たちの身体でエネルギーが作られるとき、同時に酸化を促す活性酸素も生産されています。体内ではコエンザイムQ10が活性酸素を除去してくれていますが、コエンザイムQ10は生活習慣によっても減少してしまうのです。生活習慣の乱れによって中性脂肪やコレステロールが酸化すると、血管にダメージを与えたり詰まりやすくなります。その結果として動脈硬化や心筋梗塞など、重大や症状を引き起こす可能性があります。さらに酸化が進み、細胞が傷つけられると癌など重篤な病の原因になってしまうのです。この原因を取り除くには抗酸化作用が重要になります。そこで、還元型コエンザイムQ10のメリットである高い抗酸化作用が活躍するのです。

肌の手入れに気を付けている20代30代の方でも、ストレスが影響して肌状態を低下させてしまいます。また中高年世代以降の方は、長年の生活習慣の積み重ねによる心身の不調があらわれやすい傾向にあります。これらの原因を招く活性酸素を取り除くことは、全ての年代の方にとってメリットになるのです。コエンザイムQ10の還元型は、美容面・健康面ともに酸化型では感じられなかった効果を実感できるでしょう。

ページのトップへ戻る