コエンザイムQ10は男性にも効果

前へ
次へ

男性の悩みにも効果的なコエンザイムQ10

アンチエイジング効果への期待から、コエンザイムQ10は女性からの高い関心が寄せられています。主に加齢による衰えを防ぐ効果に注目されていますが、身体の衰えは加齢ばかりではなく日々の生活習慣によっても引き起こされます。原因にはコエンザイムQ10量の減少が関係していて、その影響は女性だけではなく男性も例外ではありません。男性が抱えている悩みの陰には、コエンザイムQ10量の減少が深く関わっているといえます。男性であれば見過ごすことのできないその悩みはどんなものなのか、みていきましょう。

薄毛

男性の薄毛の原因は加齢だけではありません。20~30代の男性でも薄毛に悩まされることはあり、その原因には男性ホルモンが影響しています。男性ホルモンというと男性らしい体つきを形成するために必要なイメージがありますが、必ずしも男性にとって良い影響を与えるものばかりではないのです。

代表的な男性ホルモン「テストステロン」は男性らしい体の形成に作用して、ひげや胸毛、髪の毛などの育毛を促進します。ところがテストステロンが減少すると、不足した量を補うために別な男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」が作られ、薄毛を引き起こします。

頭皮には育毛に作用する毛乳頭細胞があり、5αリダクターゼという酵素が存在しています。この酵素が、減少したテストステロンと結びついてさらに強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが分泌されます。このホルモンは少量でもテストステロンより強く作用するので、頭皮に過剰に影響を与えてしまい脱毛の原因になってしまうのです。

脂っぽい肌

ジヒドロテストステロンは多くの男性の悩み、肌の皮脂を増加させる原因にもなります。頭皮の毛乳頭と同じように5αリダクターゼは皮脂腺にも多く存在していて、テストステロンが減少すると不足分を補うために皮脂腺でジヒドロテストステロンを作り出します。するとジヒドロテストステロンが皮脂腺で強く作用し過ぎてしまい、皮脂を大量に分泌させてしまうのです。

また、皮脂が多いと毛穴が詰まりやすくなりニキビ発生の原因になります。皮脂は汗と混じって皮膚を保護する役割があるのですが、長い間皮膚の詰まりを放っておいてニキビができてしまうと、皮脂は逃げ場を失ってしまいます。すると細菌やカビが増殖しやすくなり、皮脂が分解されると臭いの原因にもなってしまうのです。

精力減退

男性らしい肉体を形成する男性ホルモンの減少は、精力の減退も招きます。テストステロンは身体のあらゆる部分に影響を与えるホルモンで、生殖機能に対しては性欲の増進、精子の量や運動力を高める働きがあります。

テストステロンは95%が精巣で作られて、生殖機能に直結するホルモンです。そのため分泌量が減少してしまうと著しく精力の減退や勃起不全、さらにはEDになってしまう恐れもあります。

テストステロンの分泌量アップに効果的なコエンザイムQ10

コエンザイムQ10にはテストステロンの分泌を効率良く促す効果があります。
それは一体どのような働きによるものなのか、みていきましょう。

男性の薄毛、オイリー肌、精力の減退を引き起こしてしまうのは、強力な男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」が発生してしまうことが原因です。このジヒドロテストステロンは「テストステロン」が減少すると、その量を補うように分泌されてしまいます。

つまりジヒドロテストステロンの発生を抑制できれば男性の抱える悩みを解決できるのですが、そのためにはテストステロンの量を減少させないことが重要です。テストステロンが減少してしまう原因に加齢が挙げられますが、他にも過度のストレスなども大きな要因になります。

そしてこれらが原因となって発生するのが活性酸素という物質なのですが、この活性酸素がテストステロンの分泌量を低下させてしまう元凶です。コエンザイムQ10には、活性酸素を除去してテストステロンの分泌を促す「抗酸化作用」という働きがあるのです。

コエンザイムQ10がもたらす男性への効果

コエンザイムQ10は元々私たちの体内に存在していて「抗酸化作用」と「エネルギー生産」の2つの働きで健康な身体を維持するために必要な成分です。この2つの欠かせない作用があることから、コエンザイムQ10が減少すると私たちの身体は不調や衰えを感じたり、エネルギー不足で疲れやすくなってしまいます。そのためコエンザイムQ10量を維持して、活性酸素を除去する必要があるのです。

私たちの体内で日々作られている活性酸素は、身体を酸化させて錆びつかせてしまう働きがあります。呼吸で取り入れた酸素の2%は活性酸素へと変化して、細胞内のミトコンドリアという器官を酸化させて働きを弱めてしまいます。ミトコンドリアは私たちの活動に必要なエネルギーを作り出している器官です。そのため酸化によってエネルギー生産量が減少してしまうと、身体に様々な不調があらわれてくるのです。

この酸化の原因である活性酸素を、コエンザイムQ10が「抗酸化作用」で毛乳頭細胞、皮脂腺の細胞、精巣の細胞から強力に除去してくれます。精巣の細胞が蘇ることでテストステロンの分泌が促され、育毛の促進やサラサラの肌、減退していた精力を取り戻すことができます。それだけではなく抗酸化作用によって蘇った細胞は活性化されているので、分泌されるテストステロン量のさらなる増加も期待できるのです。

抗酸化作用によって活性化された細胞が生み出す効果はまだあります。それが、コエンザイムQ10のもう1つの特徴「エネルギー生産」です。細胞内のミトコンドリアは全エネルギーの90%以上を作り出していて、私たちのみなぎる活力に大きく作用しています。ミトコンドリアが強力に働いていることで疲労の回復を早め、男性が毎日元気に行動する原動力を生み出してくれるのです。

テストステロンはモテホルモンとも呼ばれ、魅力的な男性の象徴ともいえるホルモンです。
エネルギーに溢れテストステロンが多く分泌されれば、少し自信を失っていた男性も再び自身を取り戻すことができるでしょう。ですが加齢やストレスの影響で減少していくので、自身や魅力を維持していくためには安定した分泌量が必要です。

テストステロンの分泌促進には、コエンザイムQ10が体内に安定して存在していることが重要です。ただコエンザイムQ10も20代を境に減少して、40代では20代の7割程度まで減少してしまいます。何歳になっても若々しく魅力的な男性でいるために、サプリメントでコエンザイムQ10を補っていくことが大切です。

ページのトップへ戻る