コエンザイムQ10と抗酸化作用

前へ
次へ

コエンザイムQ10の抗酸化作用とは

美容や健康への意識が高まり「抗酸化」という言葉が広く世間に認知されてきました。抗酸化は「抗老化」とも呼ばれ、老化への抵抗を意味します。年齢を重ねるにつれ感じる身体の衰えは誰にでも訪れ、シミやシワ、身体の不調など、その影響は全身にあらわれます。これらの衰えがいわゆる老化です。この老化の原因となる物質を取り除く働きを「抗酸化作用」といいます。

老化は様々な要因で起こります。激しい運動や運動不足、ストレスや喫煙、紫外線、それから毎日の食事でも老化は進行していきます。 ではなぜこれらの習慣が老化に繋がってしまうのかというと、これらの習慣により発生する活性酸素が原因です。

活性酸素は毎日の習慣以外にも、無意識のうちにしている呼吸でも発生します。呼吸で取り入れた酸素の2%は活性酸素へと変化して、身体を徐々に老化させています。様々な要因で起きる老化から身体を守るには、活性酸素を取り除くことが重要です。コエンザイムQ10は高い抗酸化作用によって、この活性酸素を取り除いてくれるのです。

活性酸素は悪いもの?

老化の原因となる活性酸素ですが、本来は私たちの身体を守る役割を持っています。細胞を保護したり免疫力を高めたりと、健康な身体を維持していくためには必要な存在です。

活性酸素には強い酸化力があり、体内に侵入した細菌やウイルスを免疫機能の一部として殺菌してくれます。この酸化力のおかげで細胞は守られているのですが、活性酸素が増え過ぎてしまうと健康な細胞まで傷つけてしまいます。すると皮膚や血管、内臓にまで影響を与えて、身体を酸化させてしまうのです。

つまり活性酸素は必要以上に増え過ぎてしまうことで身体を酸化させ、老化の原因になってしまうのです。

酸化と老化の関係

鉄は酸素と結びつくと錆びを発生させます。体内でも同じような現象が起きていて、活性酸素によって傷つけられた細胞が酸化して錆びついてしまうのです。酸化とは、細胞が徐々に錆びついていき老化していくことなのです。

具体的には、細胞にあるコレステロールなどの脂質が酸化して過酸化脂質へと変化します。すると細胞の働きが弱まり、健康を維持する機能が低下してしまいます。その結果として身体のいたるところに不調があらわれてくるのです。

美容面では肌にシミやシワが目立ってきたり、健康面では生活習慣病などの原因になったりと、酸化の影響は身体の内側にも外側にもあらわれます。

コエンザイムQ10の高い抗酸化作用

増えてしまった活性酸素は放っておくと老化の引き金になってしまいます。コエンザイムQ10の抗酸化作用は、効果的に活性酸素を取り除いてくれます。

体内に活性酸素が増えると抗酸化物質が働きます。ビタミンCやEなどは高い抗酸化力を持っていますが、 摂取した量が少ないと、抗酸化作用がうまく機能しない場合があります。またビタミンCは水溶性のため体内へ排出されやすく、ビタミンEは活性酸素を取り除いたあと自らも酸化して効能を失ってしまう性質があるのです。

コエンザイムQ10は補酵素としても働き、ビタミンCやEの働きをサポートする役割があります。ビタミンCは酸化したビタミンEの錆びをとり、再び元の状態に戻します。コエンザイムQ10もビタミンEを酸化から再生させる働きがあり、排出されやすいビタミンCだけでは補いきれない働きを助けてくれるのです。コエンザイムQ10だけでも高い抗酸化作能力があるのですが、補酵素として働くことで他のビタミンの効果を高め、より高い抗酸化力を生み出します。

私たちは生まれたときから呼吸をして活性酸素の影響を受けています。この活性酸素による酸化は全身で起こり、様々な老化トラブルの原因になってしまいます。

コエンザイムQ10は40代から急激に減少していきます。それでも酸化による老化は、サプリメントで補うことで食い止めることができます。いつまでも美容と健康を維持していくために、コエンザイムQ10サプリメントで抗酸化作用を高めていきましょう。

ページのトップへ戻る