コエンザイムQ10の歴史

前へ
次へ

2つの国で発見されたコエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、現在では私たちの身体に必要な成分として日常の中に浸透しています。美容や健康を意識している方には既におなじみの成分でしょう。それだけ認知度の高まったコエンザイムQ10ですが、私たちが普段から取り入れられるようになるまでには、長い歴史があったのです。

時は1950年代のはじめ、イギリスでのことでした。リバプール大学のモートン教授を中心としたグループが、ビタミンAを欠乏させた状態のラットを使った実験を行っていました。
彼らはある日、ラットの体内から存在の知られていなかった物質を発見したのです。その物質は肝臓をはじめ、体内のあらゆる場所に存在していました。そんな発見の経緯もあり、ラテン語で「どこにでも存在する」という意味を持つ単語『Ubuiquitous(ユビキタス)』から【ユビキノン】と呼んでいました。

時は流れ1957年、アメリカのウィスコンシン大学のクレーン博士を中心としたグループも研究を行っています。彼らは牛の心筋細胞に存在するミトコンドリアという器官から黄色い結晶を取り出すことに成功しました。その結晶を調べてみると、脂に溶けやすい性質であることがわかりました。さらに彼らは、人間のエネルギーを生み出すATPという化合物はこの黄色い結晶がないと作り出されないことから、黄色い結晶が補酵素であることも突き止めたのです。

この補酵素の名前はその特徴から名づけられました。ATPの生成に欠かせない酵素の働きを助ける「補酵素」を意味する『Coenzyme』と、キノン(quinone)型という化学構造を持つことから頭文字の『Q』をとりました。「10」はイソプレンと呼ばれる炭化水素が10個連なって構成された補酵素であることが由来です。クレーン博士たちはこれらの働きと性質を繋ぎ合わせ、コエンザイムQ10と命名したのです。

名前の確定と性質が明らかになるコエンザイムQ10

翌年1958年、アメリカのクレーン博士はある論文の存在に気づきます。その論文は「コエンザイムQ10」という物質について記されたものでした。読み進めてみると、その物質は自分たちが牛の心筋細胞から発見した「ユビキノン」と特徴が非常に酷似していたのです。この事実を、クレーン博士は論文の著者であるイギリスのモートン教授に報告しました。この報告のあとクレーン博士たちのグループによって研究が行われ、「ユビキノン」と「コエンザイムQ10」が同一の物質であることが明らかになったのです。

その後、アメリカのフォーカス博士を中心としたグループによって研究が進められ、「ユビキノン」の化学構造が明らかになりました。この化学構造が明らかになったことによって、ユビキノンとコエンザイムQ10が同一物質であることが実証されたのです。

その後も研究は続き、心臓病の患者はコエンザイムQ10量が減少していることを突き止めました。さらに、現在ではコエンザイムQ10に期待される大きな効果の一つ「抗酸化作用」があることも発見したのです。

フォーカス博士は、ユビキノンがビタミンと同じような働きをすることから「ビタミンQ」と呼んでいました。その後、このビタミンQは体内でも合成できるビタミンに似た物質であるとして、「ビタミン様物質」と呼ぶようになりました。

コエンザイムQ10と医薬品の歴史

1961年、ガン患者の血液から酵素が不足していることが注目されていました。それからおよそ10年が経過して、1972年にはフォーカス博士らが心臓病の患者からコエンザイムQ10量が減少していることを発見しました。翌年の1973年には日本が世界で初めて、コエンザイムQ10をうっ血性心不全治療の医療用薬品として使用できる認可がされています。

1980年代になると、アメリカを中心にヒトを対象として多くの臨床研究が行われるようになりました。乳ガン、肺ガン、前立腺ガン、脾臓(ひぞう)ガン、大腸ガン、腎臓ガン患者らを調べていくと、血中のコエンザイムQ10量が低いことがわかりました。この発見によって、コエンザイムQ10の潜在的なガン治療効果に関心が集まるようになったのです。

コエンザイムQ10の量産化から現在に至るまで

1967年、世界ではまだコエンザイムQ10の量産化が実現していませんでした。そんな中、日本企業がタバコの葉から抽出した成分を化学合成させ、コエンザイムQ10の製造に成功しています。これをきっかけにして日本が世界で初めてコエンザイムQ10を量産化させました。この成功によって、医薬品として人体への効果、副作用など様々なデータを得られるようになったのです。

その後は世界へ広がり、医療用の他サプリメントとしても認可されるようになりました。日本ではしばらくの間、コエンザイムQ10の使用は心臓疾患などの医療用のみにしか認められていませんでした。1991年には一般的な販売が始まりましたが、それでもまだ医薬品としての販売に限定されていたのです。

それから世界に遅れること10年、2001年にようやく日本でもコエンザイムQ10が厚生労働省により「健康食品」として認可されました。ここまで長い年月がかかったのは、日本の高い安全基準が影響しています。「健康食品」、つまりサプリメントとして販売するにあたって多くの検証がされ、安全性を高める必要がありました。量産当初は化学合成でしたが、サトウキビなど天然成分を使用した新たな技術「発酵法」が生まれ、より安全なコエンザイムQ10が誕生したのです。

ラットや牛から発見されたコエンザイムQ10は多くの人々の研究の末、私たち人間の身体にも存在していて、欠かせない成分であることがわかりました。全身の老化を防ぎ、生活習慣病を予防し、疲労を回復してくれたりと、美容面でも健康面でも効果的であることが長い年月を経て実証されたのです。現在私たちがこれらの効果を得られているのは、コエンザイムQ10による抗酸化作用や活動に欠かせないエネルギーを生み出す能力の影響が大きいのです。そして何より、真摯に研究を続けてきた研究者たちの努力のおかげです。

コエンザイムQ10は年齢を重ねるごとに減少し、それに伴って身体が衰えていくこともわかっています。多くの研究者の手によって誕生したコエンザイムQ10は、現在では通販でも気軽に購入できるようになりました。サプリメントをはじめ、化粧品や美容クリームなど多くの商品に含まれています。研究者たちの努力に感謝して、コエンザイムQ10を補い、美容・健康を維持していきましょう。

ページのトップへ戻る